快適な睡眠が得られている
睡眠薬通販で安定した睡眠を手に入れる   >   不眠症のタイプを見極める

不眠症のタイプを見極める

自分はどんなタイプ?

眠れない状態が一週間のうちでに3日以上、それが1ヵ月続けば不眠症と言われます。
人によって不眠症として現れる症状は異なり、引き起こしている原因もさまざま。
どうして不眠症になってしまったのか?
どういった睡眠障害に悩まされているのか?
を正しく理解できなければ、効果的な治療法や睡眠薬を選ぶことができません。

ではなぜ、不眠症になってしまうのでしょうか?

・季節の変化や周囲の騒音、時差ぼけなど、環境によって引き起こされる
・極度の緊張や不安、ストレスなどの精神的な不調が原因
・年齢、性別、病気による痛みやかゆみなどの身体症状による
・カフェインやニコチン、アルコールの摂取習慣が原因

不眠になってしまったきっかけや原因の環境を見直すことで、不眠症が改善されることもあります。
ベッドルームの環境を工夫してみる、ストレスの原因を探ってみる、食事や嗜好品の摂取について見直してみるなど、まずは日常的にできることから対策を練っていきましょう。
つぎに、4つある睡眠障害のうちのどのタイプにカテゴライズされるでしょうか?

・入眠障害/横になってから30〜60分経っても寝つけない
・中途覚醒/一度眠ったあと、夜中に何度も起きてしまう
・早朝覚醒/起床予定時刻よりも2時間以上早く目覚める
・熟睡障害/眠れているのに熟睡感がない

これらのうち、ひとつの症状が現れる人もいれば、複数の症状が同時に現れることもあります。
眠れない原因を探って改善を試みても不眠が続く場合には睡眠薬を使うことになりますが、薬の作用時間や成分などによって睡眠薬と不眠症の相性は変わってきます。
睡眠障害のタイプを見極めて適切な睡眠薬を探すことが、効果的な治療のはじまりになるのです。