快適な睡眠が得られている
睡眠薬通販で安定した睡眠を手に入れる   >   睡眠薬の働きと効果を知ろう

睡眠薬の働きと効果を知ろう

お医者さんが応えてくれる

睡眠薬の強さは主に作用時間によって判断され、作用時間が長い=強い睡眠薬と表すことが多くあります。
作用時間だけでなく有効成分の種類によっても効果の感じられ方は異なるので、睡眠薬での治療をはじめるまえにどんなバリエーションが用意されているのかを知っておくことが大切。
まずは、睡眠薬に含まれる成分別にみていきましょう。

1、GAVA受容体作動薬
ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系とも言われ、脳内物質GABAに作用して緊張・不安状態を和らげて睡眠を促がす。

2、オレキシン受容体拮抗薬
覚醒作用をもつオレキシンの分泌を抑制し、脳を眠りやすい状態に導く。

3、メラトニン受容体作動薬
体内時計の働きを整えることで、陽が沈むと眠くなるリズムに導く。

など、有効成分によって脳への働きが変わってきます。
次に、半減期(成分の血中濃度が半分に減るまでの時間)を目安とした作用時間についてみてきましょう。

・超短時間型/半減期2〜4時間
・短時間型/半減期6〜12時間
・中時間型/半減期12〜24時間
・長時間型/半減期24時間以上

半減期が短ければ短いほど睡眠薬としての効果を発揮する時間は短く、翌朝への持ち越しの心配がほとんどありません。
反対に半減期が長ければ薬の持続性が高まり、睡眠薬の影響が残りやすくなります。

自分の不眠症にとってどういった成分を使うことが適しているのか?
どういった作用を用いて眠りを促がすのか?
薬の有効成分と作用時間について詳しく知っていると、自分にとってより効果的な睡眠薬を選択することができます。
睡眠薬の成り立ちに目を向けて、不眠の症状にぴったり合った薬選びを心がけましょう。